フェイスリフトの失敗を防ぐには|美しく在る為に

レディー

顔のたるみ治療の注意点

女性

切開技術の問題

フェイスリフト手術の失敗として、「効果がない」「すぐ元に戻ってしまった」という例が挙げられます。これは切開する部分が少なかった場合や、皮膚の表面だけを持ち上げて筋肉は動かさなかった場合に考えられます。フェイスリフトで十分な効果を上げるためには、表在性筋膜も含めてリフトアップする必要があります。ただし大きく切開すると傷跡も残りやすいので、縫合技術の高いドクターに依頼しましょう。間違って神経を切断してしまい、顔がひきつったり歪んだりしてしまう失敗例もあります。こうした失敗は、医師の技術が未熟な場合に起こります。フェイスリフト手術はバリエーションが多く、知識と経験が求められる手術なので、クリニック選びが重要です。

切らない施術法も

日本人は西洋人に比べて肌の色が濃く、傷跡が目立ちやすいと言われています。また高い頬骨に邪魔されて、リフトアップ効果が顔全体に及びにくいとされています。このような要因で、失敗したと感じることが多いとも考えられます。リスクの高い手術を避けたいという方は、切らないフェイスリフト術を受けることもできます。なかでも表皮の下に糸を挿入して持ち上げる方法は、体への負担が小さいわりにリフトアップ効果が高いとして人気があります。ほかにも高周波やレーザーで真皮層を刺激し、肌のハリと弾力を取り戻す治療法があります。クリニックでじっくりとカウンセリングを受け、どんなフェイスリフトが自分に合っているかを見つけましょう。

加齢によるしわの改善

美容整形

ほうれい線は、加齢とともに目立つようになります。真皮を支えるコラーゲンやエスラチンと言った繊維が劣化するためです。ほうれい線を改善する方法として、ヒアルロン酸の注入があります。治療時間が短くその場で改善の確認ができます。

もっと読む

美しさまで求めるなら

医者

皮膚の美容を中心として、基本的に保険外の治療を行なうのが、美容皮膚科です。神戸のクリニックでは、ニキビケアに役立つイオン導入やレーザー治療、高周波治療など、様々なアプローチを提案しています。発毛に関する治療も行なっており、男性からの需要もあります。

もっと読む

自身の脂肪でバストアップ

胸元

お腹などから採取した脂肪をバストに注入するという豊胸術では、本物の豊かなバストを作り出すことができます。アレルギー症状の心配もないため、安全性の高さからも注目されています。また、注入量の倍以上の脂肪を採取する必要があるため、これによりお腹はスリムになります。太ももなど、他の部位からの採取も可能です。

もっと読む